2015年12月06日

「ゲーム音楽史」という言葉の商標登録化について

すみません、凍結していた当ブログですが、どうしても看過できない事情が発生しましたので、更新させて頂きます。
事の経緯は、hallyさんの記事が詳しいので、そちらをご覧ください。
私は、この「ゲーム音楽史」という言葉に対する商標登録化に、強い違和感、というか戸惑いに似た怒りを感じています。
「ゲーム音楽史」という本が発売されたのは承知していますが、その内容については多くの異論を持っています。決して、あの本に書かれた内容でゲームミュージックの全てが語られていたわけではありません。「ゲーム音楽史」と銘打ってはありますが、決してそれだけがゲームミュージックの全てではないのです。
なのに、なぜここで「ゲーム音楽史」という言葉が商標登録化されなければならなかったのでしょう。これは、つまり他の人が「ゲーム音楽史」を語ることを制限することにつながるのではないでしょうか。ゲームミュージックの歴史を私物化せんとする今回の行為に、私はとても賛同することはできません。いや、むしろ強い怒りを持って否定せざるを得ません。
いったい、今回の商標登録化によって誰にどんな利益をもたらされるのかはわかりませんが、ゲームミュージックを語る上でプラスになるは到底思えません。歴史は、誰のものでもあってはなりません。
いったい、どういう意図のもとに商標登録化を行なったのか、当事者に尋ねてみたいです。その人がゲームミュージックの歴史に対してどういう認識を持っているのか、問い詰めたいです。
私は、強い怒りをもって今回の商標登録化に反対します。もちろん、一度承認されてしまったものを覆すのは難しいとは思いますが、いったいなぜこんなことが行なわれたのか、その真相を知りたいと思っています。
ネットの片隅でこのような怒りを発しても何の役にも立たないとは思いますが、どうしも言わずにいられなかったので、ここに記します。本当に、どういうつもりなのか、当事者にお伺いしたいです。
繰り返しますが、私は強い怒りを感じています。ゲームミュージックの歴史を私物化せんとする行為に、強い憤りを抱かざるを得ません。
ゲームミュージックは、あなただけのものじゃない。思い上がるな。
posted by まれいん at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。