2005年04月01日

桜を愛でながら聴きたい曲

気がつけば今日からもう4月。
せっかくだからエイプリルフールにふさわしいおバカな企画を……とも思いましたが、いかんせんそういうセンスはさっぱりなものでして。

そこで、桜の便りも届き始めたことですし、今日は「お花見に似合うゲームミュージック」なんてものを選んでみました。
シチュエーションとしては、満開の桜並木を一人歩きながらしみじみと花を愛でる、といった辺りを狙っております。全16曲、お楽しみ頂ければ幸いです。

===============================================================
1. Cliff Rock [PROP CYCLE]
2. いつかのひかり [アカイイト]
3. Waste days [METAL BLACK -The First-]
4. Castle In The Mist [ICO 〜霧の中の旋律〜]
5. SLAUGHTER HOUR [RAYSTORM NEU TANZ MIX]
6. Peace [ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR]
7. STORM OF BLOSSOM [KAISER KNUCKLE]
8. THE STONE-LIKE [RADIANT SILVERGUN]
9. Rose confession [P.S.O. Songs of RAGOL Odyssey]
10. Dead [KOUDELKA]
11. Formless living bodies [RAYCRISIS rayons de l'Air]
12. Sakura #4 [Xenosaga U MOVIE SCENE SOUNDTRACK]
13. QUARTZ [RAYFORCE]
14. 望郷 〜 prima donna 〜 [舞姫]
16. 童話の消えた森 (complete version) [RAYCRISIS]
15. Snowbound Landscape [ALPINE RACER]
===============================================================

では、軽く各曲についてコメントなぞを。

1. Cliff Rock
プロップサイクルの1面、軽やかで華やかな曲調が実に春らしいです。お花見の最初を飾るにはふさわしいかと。

2. いつかのひかり
BGMとして非常に秀逸な曲が揃った「アカイイト」のサントラ。その中から、優しげなピアノの小品を1つ。ほんのりした気分にさせてくれます。

3. Waste days
メタルブラックのアレンジアルバムから、夢幻の雰囲気が漂う歌を選んでみました。イメージは花霞、といったところで。

4. Castle In The Mist
どこか孤独感もありながら、マンドリンの響きがしっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出してくれる曲。一人の花見によく似合います。

5. SLAUGHTER HOUR
レイストームのアレンジアルバムから、切ない疾走感を持った一曲。散り急ぐ桜の悲しさをイメージしてみました。

6. Peace
短い曲ながら穏やかで重厚なストリングスが、ずん、と響きます。花を愛でる平和なひとときを噛みしめながら。

7. STORM OF BLOSSOM
桜吹雪を背に、凛として立つような、そんな雰囲気の曲。桜の劇的な一面をイメージしながらどうぞ。

8. THE STONE-LIKE
幻想的なヒューマンボイスのコーラス。身を任せて、花に酔ってみるのも一興かと。

9. Rose confession
お花見になんで「Rose」(薔薇)、という突っ込みは却下。ピアノとストリングスのハーモニーが、優しく穏やかな時間を作ってくれます。

10. Dead
「桜の木の下には死体が埋まっている。だから、桜は美しく咲く……」なんて言い伝えを思い出しながら、バイオリンソロにしんみりと聴き入ってみてはいかがでしょう。

11. Formless living bodies
レイクライシスのアレンジアルバムから、個人的に一押しの名アレンジを。アコースティックギターとバンドネオンが、むしろ和風な響きを感じさせてくれます。

12. Sakura #4
「Xenosaga U MOVIE SCENE SOUNDTRACK」には "Sakura" と名のついた曲が4つ収録されていますが、その中からストリングスバージョンを選んでみました。雰囲気はまさに曲名どおり。

13. QUARTZ
シューティングゲーム最終面の曲が、なぜか静かに散りゆく桜のイメージと重なる。これもゲームミュージックの醍醐味のひとつです。

14. 望郷 〜 prima donna 〜
「ZUNTATA RARE SELECTION Vol.4 舞姫」から、情感溢れる絶品のピアノソロを。桜にはピアノが似合うと思うのは私だけでしょうか。

15. 童話の消えた森 (complete version)
アコースティック風のアレンジが、これまた桜に合うのです。ノスタルジックな雰囲気に、帰り道が気になってきます。

16. Snowbound Landscape
華やかに響くスタンドピアノに、エンディング曲らしい一抹の寂しさ。夕日に映える桜を眺めながら帰途につくような、そんな感じで締めくくります。

以上、「ピアノの曲ばっか」「ZUNTATAの曲ばっか」というご批判もあるでしょうが、そこはそれ、趣味の問題ということで(笑)、ご了承下さい。
【関連する記事】
posted by まれいん at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2719317

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。